鳥取砂丘とは?

鳥取砂丘は、南北2.4km・東西16km・最高起伏47mにも及ぶ広大な砂丘地帯で、鳥取県の観光スポットの代名詞となっています。観光可能な砂丘の中では日本最大で、一般に立ち入れない場所も含めても青森県の猿ヶ森砂丘に次ぐ国内で二番目の規模を誇ります。

1955年には国の天然記念物に指定。また、「山陰海岸ジオパーク」の一部として、山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されました。

鳥取砂丘 俯瞰写真

 

鳥取砂丘の「見どころ」

砂丘の大パノラマ

鳥取砂丘の見どころと言えば、何といっても広大に広がる砂丘の風景。東京ドーム約117個分の大パノラマが広がっています。

砂丘の特徴的な地形がすり鉢の形に似ていることから“スリバチ”と呼ばれる大きく窪んだ場所があり、最も大きな追後 (おいご) スリバチは深さが20mにもなります。その向こうには「馬の背」と呼ばれる大きな砂の山があり、その頂上からは日本海や鳥取市の街並み、中国山地の山々などをぐるりと一望することができます。

鳥取砂丘 パノラマ

砂丘ならではの自然の造形

砂丘では、砂と風とが織りなす風紋・砂柱・砂簾といった自然の造形美を目にすることができるほか、冬には砂丘一面に雪が積もることもあります。

時間や天候、季節などによって多彩に表情を変える砂丘は、古くから見る人の心を魅了し続けています。

鳥取砂丘 造形美

 

鳥取砂丘の「過ごし方」

はじめての方から、何度も訪れている方まで、鳥取砂丘の楽しみ方をご紹介します。

まずは「馬の背」へ

鳥取砂丘の入り口に立つと、ちょうど正面に「馬の背」という砂の丘が見えるので、まずはそこを目指して歩いていきましょう。入り口からはただの小高い丘のように見えますが、近くまで来ると思ったより高くて急こう配です。大人の足でも往復でおよそ1時間はかかりますので、これだけでも十分に満足感を得られるでしょう。

時間があればとにかく遊びつくす

鳥取砂丘は広大なだけでなく、場所によって風景や砂の表情がまったく違って見えるため、時間をかけて歩いても決して飽きるということがありません。「馬の背」からさらに向こう側の海岸線まで歩いてもよいですし、頂上から見渡して好きな方向へ心の赴くままに歩いてみるのもおすすめです。

また、入り口付近からはらくだやロバに乗って砂丘をめぐるツアーが出ていたり、海岸付近ではパラグライダーやサンドボードなどのスポーツを体験することもでき、半日あるいは一日中居ても満足できる観光地です。

朝日と夕陽は特におすすめ

早朝の砂丘は、ほとんど誰もいないため、広大な景色を独占することができます。夜のあいだ吹く風が昼間の観光客の足跡を消して、天候などの好条件が重なると非常にきれいな風紋 (砂の波模様) と出会うことができます。

また、晴れた夕暮れ時には砂丘の空一面が小麦色に染まり、高い場所からは日本海に沈む夕日を見ることができます。

鳥取砂丘 夕暮れ

 

砂丘で楽しめる「アクティビティ」

鳥取砂丘では、その地形の特徴を活かした様々なアクティビティを楽しむことができます。

らくだに乗る

鳥取砂丘の入り口ではラクダがお出迎え。らくだにまたがって砂丘を遊覧することができます。料金は大人・こども共通で1,300円~。写真撮影のみ (100円~) も可能です。詳しくはらくだ屋まで。

パラグライダー

砂丘の傾斜と海から吹き上げてくる風を利用して、パラグライダーやハンググライダーなどのスカイスポーツを楽しむことができます。料金は半日の体験コースで約7,000円。詳しくはゼロパラグライダースクール鳥取砂丘パラグライダースクール (砂丘本舗) まで。

鳥取砂丘 パラグライダー

サンドボード

スノーボードのような感覚で砂丘の傾斜を滑り降りていくサンドボードは、大人からこどもまで幅広く楽しめるスポーツです。体験スクールの料金はおよそ3,500円程度。詳しくは鳥取砂丘サンドボードスクールまで。

鳥取砂丘 サンドボード

ポケモンGO

鳥取市とポケモンGOの運営会社とのコラボレーションによって、リアルイベントや限定モンスターなどが企画されています。

「馬の背」の頂上では無料Wi-Fiが利用できるほか、砂丘内に100個以上のポケストップがあるなど、ゲームをより楽しめる環境が充実しており、プレイヤーのあいだで盛り上がりを見せています。

その他(砂丘ヨガ・トレイルオン)

砂丘の中でヨガを体験できる砂丘YOGA®や、砂の上でも走れる自転車「ファットバイク」で海外沿いを駆け抜けるトレイルオンなどのアクティビティもあります。

鳥取砂丘への「アクセス」

バス / 鳥取駅から

鳥取駅からは、「ループ麒麟獅子バス」と「路線バス」の2種類が運航しています。ループ麒麟獅子バスは土日祝と夏季限定の運行なので、それ以外の日は路線バスを利用します。

バス乗り場はどちらも鳥取駅北口から出てすぐ左のバス亭からの出発で、料金は「ループ麒麟獅子バス」が370円、「路線バス」が300円。所要時間はいずれも20分~30分程度です。

バス / 鳥取空港から

鳥取砂丘コナン空港からバスで鳥取砂丘にアクセスする場合、土日祝日なら周遊バスが便利です。運賃は500円で、所要時間は約20分。土日祝日以外でバスを利用する場合は、一度鳥取駅に行ってからの乗換えが必要になります。

駐車場

鳥取砂丘の目の前にある駐車場は有料 (500円/乗用車) ですが、すぐ近くのお土産屋さん (徒歩1~3分ほど) などに無料の駐車場があるため、ゴールデンウィークなどの超繁忙期以外は駐車場の心配は不要です。